会社同士の合併などを担当するコンサルタント業務、これも、非常に営業に近いものがありました。 コンサルタント担当者は、実は、各企業から集められた凄腕の営業マンばかりなのです。 コンサルタントは、お客さん企業の状態に直接かかわる仕事ですから、営業経験がものを言います。   リードナーチャリング、マーケティングオートメーション、デマンドジェネレーションなどに強い有能な営業担当者が、コンサルタントの知識を付けて挑む、ワンランク上の仕事と言っても過言ではありません。   どんな企業の営業担当者が集まってきたかと言いますと、銀行、これが一番多いですね。そして、損害保険会社、他にも色々な企業がありました。   共通して言えますことは、皆、営業経験がある、と言う事と、営業部門の管理職も担当していた事です。お客さんとのやりとり、部下たちの統括、と人との関わりが最も多い営業職には、優れた未来が待っていると言えるのです。   頑張れば、お給料も上がります。そして、更に上のgradeを目指して転職して、年収五千万円を目指して頑張れます。