営業職というのは、感情が大切な事も意外と多いです。機械的に話すのではなく、きちんと心を込めているかどうかで、営業成績も変わる事は確かにあるからです。 現に私も、それを実感したことがあります。ある時に営業の仕事に携わっていた訳ですが、成績の伸び悩みに直面した事があるのです。様々なやり方で営業の効率化を目指して頑張るものの、なかなか成績が伸びていかないので、困っていた時期がありました。 それである時に、上司から喝を入れられたのです。いわゆるお叱りを受けた形になり、もっと丁寧に話すよう伝えられた記憶があります。 それで一人一人の顧客に対して、とにかく丁寧に話すようにしてみました。不思議な事に、それで営業成績が高まったのです。 やはり営業職というのは、顧客とのやり取りをするお仕事です。顧客にも感情がありますから、こちらのモチベーションや感情なども、自然と相手に伝わるのでしょう。丁寧に仕事をするのがとても大切だと、数年前に学んだ次第です。